山田会計事務所

サービス内容・料金


大手監査法人での勤務経験が豊富な公認会計士が、単独または複数人で以下の公認会計士業務を実施いたします。業務規模によっては、所属する監査法人としてお受けする場合もあります。
いずれも経験豊富な公認会計士で実施するため監査日数の短縮化が図られるとともに、大手監査法人のような高額な管理コスト・利益率が要求されないため、同様のサービスにおいて監査報酬は大幅に削減されます。

監査業務

以下の各種監査業務を実施いたします。 監査業務には、法律により独立の第三者による監査が義務付けられている法定監査と、それ以外の任意監査とに大きく分けられます。任意監査は、法律で監査を受けることは義務付けられていませんが、株主や経営者の判断で、企業などの作成する財務諸表の適正性を専門家に判断させるための監査をいいます。また、会社経営・会計全般・財務状況をプロの目でチェックしてもらうことで、経営者にとっては、経営判断を有効に行う手段となったりアドバイスを受けれるといったメリットがあります。また、金融機関や取引先に対しては、監査を受けていること自体が信用力を高める手段ともなります。

(1) 法定監査

・金融商品取引法監査
・会社法監査
・学校法人監査
・公会計監査(公益社団(財団)法人・一般社団(財団)法人)
・労働組合監査
・独立行政法人監査
・信用金庫及び信用組合の監査

(2) 任意監査及び監査関連業務

・株式公開を目的とした金融商品取引法監査に準ずる監査
・会社法監査に準ずる監査
・会計・開示制度に関するアドバイザリー業務

監査業務については、業務内容のボリュームに応じて、所属する監査法人もしくは、提携先の公認会計士事務所と共同して業務を実施させていただく場合があります。



コンサルティング

以下のコンサルティング業務を実施いたします。 下記いずれの業務に関しましても、大手監査法人所属の10年間により十分な知識と経験を有しています。お客様の要求水準にお応えするべく、他社事例も踏まえたうえでのベストな対応をさせていただきます。

・単年度・中期(5ヵ年)事業計画作成支援、作成後の計画実績管理
・予算実績管理制度構築支援
・内部統制の構築支援
・内部統制の整備及び運用評価支援
・連結財務諸表・キャッシュフロー計算書作成支援
・有価証券報告書、四半期報告書、決算短信等の作成支援
・会社法に基づく計算書類、附属明細書、事業報告等の作成支援
・原価管理制度の構築支援
・決算早期化対応アドバイザリー業務
・国際会計基準対応アドバイザリー支援
・決算・経理体制構築支援



財務デューデリジェンス

財務デューデリジェンスとは、公認会計士などの会計専門家による企業の詳細な財務調査・買収調査をいいます。 ベンチャー投資やM&Aを行う場合、事前に、詳細な調査を行わないで投資や買収を行うと、予想外に高い買い物になったり、ターゲット会社の重大な財務上の問題点を見落としてしまう危険性があります。ベンチャー投資やM&Aを失敗させないためには、デューデリジェンスの実施は必須です。調査結果については、財務調査報告書として提出いたします。 財務デューデリジェンスは、財務の専門家である公認会計士や監査法人に依頼することが一般的です。 財務デューデリジェンスの実施によって、投資案件の潜在的なリスクの所在を明らかにすることで、投資案件を成功に導きます。

当会計事務所では、所属する監査法人もしくは、財務デューデリジェンスの経験豊富な公認会計士、税理士によって構成されるチームで実施致します。



公認会計士業務の料金について

公認会計士業務の料金は、受託する業務量により決定いたします。
具体的には、作業日数×当事務所規定の1日当たり単価 を基準に料金を決定いたします。但し、公認会計士業務は、提供するサービス内容・会社規模・社内体制・業務の複雑性etcにより業務量は大幅に変動するため、一律に決定することは困難です。
単価の一応の目安としては、
監査業務:1日70,000円~
(参考:大手監査法人では100,000円~)

監査以外の業務:80,000円~
(参考:  〃     150,000円~)

となっております。



PAGETOP ↑

PCサイトはこちら